2005年12月29日

年の瀬

気がつけば今日は12月29日、2005年もあと3日で終了のようです。

僕はあまり暦とか季節のイベントごとには無頓着なので、年の瀬といっても特に日々の生活に変わりはありません。
親からは年末年始は帰ってこないのか?というオーラが出ているようでしたが、年明けの三連休の祖母の一回忌に帰省するという条件で今回は回避しました。
だって、田舎に帰省するよりも、札幌のほうが快適ですからね。

さて、一昨日の火曜日にまたまた旭山動物園に行ってきました。
またまたとは言っても、3月以来ですから、約9ヶ月ぶりですね。

今回のミッションもトラの採精です。
今年の4月の人工授精も残念ながら失敗となってしまい、年明けの人工授精が計画されています。
そのために、今回は♂の精子を採取凍結し、本番に備えます。

しかし、今回は年末ということでどこも忙しく、さらにうちの学生も帰省中な人が多かったので、他の教室(生態学)の学生を借りての作業でした。
動物園のスタッフも多く参加されていましたが、初参加の方が多かったようで、学生の分際ながら自分は結構作業を知っている部類にいたようです。

そのため、今回は積極的に参加させてもらえ、作業の中心にいることができました。

思えば、記録係から始まり、ビデオ係、作業補助と昇格してきて、ついに採精補助に上り詰めました(笑)

実際の作業は順調に進み、シーズン最初にしては状態のよい精子が取れました。
年明けの人工授精には勉強の進み具合を見て参加させてもらえればと思います。

それにしても晴れていたとはいえ、冬の零下の気温のなか沢山のお客さんがいましたね。
posted by cows at 13:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | べたりなりぃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。